助けてください!!!我が家の4年越しの大問題。


助けてください!!!我が家の4年越しの大問題。

0125

 

From 安井 匠
東京オフィスより

 

来月頭に我が家の愛車が車検を迎えます。

実は2年前、そして4年前も新車に買い換えるかどうかに悩みまくった挙句に車検を通しました。

そして、今年もとうとう同じように頭を悩ませる時期がやってきたのです。

 

そして、今年こそは!と随分と意気込んで探しはじめていたものの、

やっぱり、どうしてもピン!とくる車がなく、

どうするかね~と日が過ぎるばかりだったのです。

 

しかし!!!

ついに、これいいかも!

 

という車が出てきたので、先週、試乗の予約をして、ショールームへ行きました。

期待に胸を躍らせながらワクワク気分で向かったのですが、、、

 

ショールームでの僕たちの会話。。。

営業マン「今日はありがとうございます」「こちらが●●のカタログになります」

僕「ありがとうございます」

営業マン「・・・・・」

僕「・・・・・(えっ無言!?カタログ見てくれってこと!?)」

営業マン「・・・・・」

奥さん「これは●●なんですか?」

営業マン「はい、それは・・・・・(端的な説明)」

奥さん「なるほど~」

営業マン「・・・・・」

僕「・・・・・」

奥さん「・・・・・」

という感じだったのです。

 

いきなり説明を始めると、煙たがられてしまう。

ということをわかった上での方法なんでしょうね。

 

最近の百貨店なんかも、こちらから声をかけないとほとんど会話はしなくなりましたよね。

今のお客様は声をかけると嫌がるから、質問された時にしっかりと答えるようにしよう!

というやり方なのだと思います。

 

しかし、、、、

 

なんとも心地悪かった~(^^;

 

さて、本当に「声をかけられる」のって嫌なの?

 

どう思われますか?

確かに、こちらから声をかけたことで煙たがられた、、、。

そんな経験をされていらっしゃる方も多いでしょうね。

 

そんな中、僕は、こう思います。

 

声をかけられること自体が嫌なのではない。

声をかけられて”説明型セールス”をされるのが嫌なだけ。

なのではないでしょうか?

 

むしろ僕はいろいろ話を聞いてもらって、頭の整理をサポートをして欲しかった。

そして、

 

車選びの苦労、わかって欲しかったな~。

 

これまでになかなかいい車が見つからなかったこと。

ようやくいいかも!と思って見つけたこの車。

それが本当に自分の希望を叶えるものなのか?

大丈夫なのか!?

本当にその車がベストなのか!?

自分でもこんがらがってて何がいいのかわからなくなってしまったこの状態を、なんとかしたかったんだよな~。

 

だから、もうちょっとでいい。

こちらに興味・関心を持って欲しかったな~。

 

 

 

追伸>こういう時、職業病って嫌だな~って思う。

だって、そんなにわかって欲しかったのなら、自分からそう話せばいいだけなんだよね(笑)

ついつい営業マンの出方を見てしまう、、、悪い癖です(^^;