ショック!ニセモノつかまされました・・・


 

ショック!ニセモノつかまされました・・・

from林 俊一

東京オフィスより

 

なかなか温かくならんなあ・・

何を着ていこうか・・・、

 

今日は寒いけど、

天気予報は温かくなるなんていってるし・・

 

冬の格好では暑いだろうし、

カッコ悪いし・・

 

などなど

どうでもいいことに頭を使いながら、

先日所用で大阪へ出かけた。

 

大阪には、学生時代の野球部の先輩、同級生、

後輩達がいて、時間が許せば、旧交を温めている。

 

この日も泊りということもあり、和歌山から

後輩も駆け付けてくれ、楽しい時間を過ごした。

 

大阪へはそうしょっちゅう行くわけでもない。

なので、行く前に妻、店の6代目として修業中の次男に

「何か欲しい土産ある?」と聞いたら

蓬莱の551!豚まん!というリクエスト。

 

そんなのがあったのか!

よっしゃ!と買って帰ってきた時の

喜ぶ顔を想像しながら・・

 

新大阪駅についたのは

19時少し前。到着後

ホームからエスカレーターで降りていくと

 

そこには何やら行列が・・・

なんだ?と目を凝らしてみれば

そこにはなんと・・

 

おお~

まさに蓬莱の551!

あの豚まん!

これか!すげー人気だな!

 

と思いながらも、何気に

通り過ぎようと思ったが・・

 

ちょっと待てよ・・・

これから、飲みに行くけど・・

 

明日は仕事で遅くなりそうだし・・

明後日の朝6時にはホテルを

出なきゃいけないし・・

 

今のうちに買っておくのが良いな・・

でも賞味期限は大丈夫か?

冷凍もあるかもしれないし・・

 

まあ聞いてみるか?

ということで行列に加わった。

 

しかーし・・

色々聞いてみると・・

今買っても・・明後日の朝まではもたない・・

との返事。

 

それなら、「明後日(つまり帰る日)の朝は何時からの販売?」

と聞いてみると、「8時からの販売です」

 

がーん!

新幹線は7時・・

 

無理だ・・

どうやっても無理だ・・

 

仕方ない・・あきらめるしかない・・

次の機会かな・・

 

と、一旦はそう思いながら

何とかならんかな~なんて

まだ一縷の望みも持っていた。

 

そうこうして、

結局帰る日の朝・・

 

ホテルから新大阪に6時40分頃には到着。

開いている土産ショップをのぞくと

そこにはなんと・・

 

おお~

蓬莱の豚まんが!冷凍で・・

あるではないか!

 

しかし・・

よ~く見ると・・

「蓬莱本館の豚まんで、551ではありません」

と但し書きが・・

 

「なんだよー551じゃない蓬莱って!

そんなのがあったのかよ~」

「ショック!ニセモノか~?」

 

どうしようかな~

でもまあ、豚まんには違いないと思い直し

結局、お土産に買って帰ると・・

 

そこには家族の喜ぶ顔があり

ホッと温かい気持ちになり

面目も保てて本当に良かった!

 

なによりも、実際

とても美味かったのだ(^^)

 

もしも、最初の日に豚まんをあきらめていたら・・

この豚まんは見つけられなかっただろう。

 

人は内側に見ているものを外側に見るという習性がある。

 

蓬莱の豚まんが

常に自分の意識下にあったことで、

焦点を当ててくれたのだろう。

 

本物の551にはたどり着けはしなかったが

結果として目的は果たせたと思っている。

 

これは、日常でも、ビジネスにおいても、

言えることだろう。

 

自分の望むことに

常に意識を持つことで、そこに必要なものに

焦点が合ってくるといういい例だろう。

 

常に自分の望むことを意識下におく事の大切さを

家族によって再確認させてもらえた。

 

PS

次はぜひとも551だな・・

といっても、そこまでしなくても

ネットでいくらでも今の時代は買えるんだけどさ・・

 

でも蓬莱本館もありだな・・

なんて考えている。

hayashi_photo