あなたも一緒に世の中の”営業の概念”を変え、世の中を変えませんか?


あなたも一緒に世の中の”営業の概念”を変え、世の中を変えませんか?

0125

From 安井匠

横浜のオフィスより

 

ご存知の方も多いと思いますが、僕は、質問型営業の普及のための活動と同時に、

その質問型営業の土台である“質問型コミュニケーション”の普及のための活動もしています。

営業の分野のみならず、接客をする仕事、そして、社内・家庭の人間関係などにも、この「質問型コミュニケーション」を活用してもらうためです。

 

先日、その「質問型コミュニケーション協会」のトレーナー養成講座の0期が終了しました。

参加してくださった方々は、自分自身が「質問型」を身につけるに留まらず、

自身が講師となって広めて行きたいという方々が集まってくださいました。

 

 

 僕は講師をさせていただきながら、何が一番心に響いたかというと、、、

その前に簡単にどんなことをしたのかを書いておきます。

簡単に言うと、営業の前段階。

相手との信頼関係の築き方です。

 

そのために、営業でもお伝えしている【好意-質問-共感】このサイクルをしっかり回せるようになるため、

集中して、練習をしていただきます。

ですから、だんだんと、そのスキルが身につき上手くなっていくのを目の当たりにするのですが、

その上手くなっていく姿よりも、もっともっと感動したことがありました。

それは、お一人お一人が、それぞれに

 

【こんな人に質問型を知ってもらいたい!】

 

そして、それによって

 

【○○な人にこんな風になって欲しい、そしてこんな社会を実現したい!】

 

という

 

【 ビジョンを思い思いに語ってくださっている姿 】

 

に、むちゃくちゃ感動したのです。

 

 私たちは”質問型”という手段を売っているのではありません。

その先にある、それぞれの思い思いの【実現したい社会】であったり【実現したい世の中】を現実にしていく。

その目的を果たすために、質問型というスキルがきっとお役に立てる!そう確信を持った方へ自信をもってお伝えしているのです。

 

ですから、この読者の方もちょっと考えて欲しいのです。

目の前の営業成績を上げるだけではなく、

 

『この質問型のスキルを身につけて何を実現したいの?』

 

ということです。

 

その動機が自分の中ではっきりすると、今よりももっともっと身に付けるためのモチベーションが沸き上がってきて、

質問型を身に付けるスピードが加速していくのだと思います。

 

今回0期生の方々は、思い思いに見えている相手との関係や、社会や世の中を変えていくこと。

そこがを見据えてこの質問型を学んでいるんんだということがはっきりしました。

 

 

あなたも、その先の未来をもっと思い描いてみませんか?

そして、一緒に質問型を広めていきませんか?

 

そのためには、まずこちら

 

追伸>実は、先日の講座で思いっきり涙してしまいました。

アラフィフのおじさんがね、、、いかんです。