質問型営業実践会の現場より生中継!


質問型営業実践会の現場より生中継!

0125

FROM 安井匠

東京オフィスより

 

昨日、はじめての【質問型営業実践会】を東京・大阪で開催しました。

質問型営業実践会とは、

「一人で独自に質問型営業を実践している。自分のやり方で合っているのか間違っているのか不安だ、、、」

「質問型営業を習得した。そしてより上のステージを目指し、日々技術を磨いている、、、」

「周囲に質問型営業の共通言語で話せる人がいない、、、」

そんな方々に喜んでもらえるようにと開催しました。

私は東京会場で参加いたしましたが、はじめての開催ということで、どんな会になるか!?ドキドキでした。

さて、結果は、、、

IMG_6803

 

塾生が2名、セミナー参加者が3名の計5名での開催だったのですが、

ざっくばらんな雰囲気の中、普段のセミナーとは違った参加者同士の交流がとても新鮮でした。

 

参加者の中で、上がった声の一つに、

「試したいんだけど、現場に出れない」とか、質問型営業の「ロープレをやる場がなかなかない」

ということがありました。

 

これは本を読まれた方や、podcastを聴いている方には、結構多い課題なのではないでしょうか?

その解決の場として、とてもいい場になったなあと思います。

 

会の後半はロープレ大会でしたが、それぞれのテーマに基づいて行いましたが、参加者はこんな声をおっしゃっていました。

IMG_6806

『人のロープレを見てると客観的に見ることが出来るので勉強になりました。』

『型とは崩してはいけないもので、それが型と言う事だからこそ効果があるのだと改めて感じました。』

『本を読んで頭で分かっているつもりではいたのですが、そもそもの考え方のくせや、表情(微笑み)など、まだまだ身に付けていきたいことがたくさんありました。今後も継続して参加していきたいと思います。』

『「〜はどんな感じですか?」という質問の仕方がお客様の現状や欲求をお話しいただくのに有効であると言うのはすごい気づきでした。』

『自分が売りたい商品に関する質問から入るのではなく、お客様を知るための質問をして、出てきた答えから、自分達の商品のお役立ちを見極めていくという考え方は目からウロコでした。知らず知らず売り込みをしてしまっていたことに反省しました。』

『他の人とロープレができて良かった。うなづきがまだ出来ていなかったことがわかった。林先生以外の先生に見てもらうのもいつもと違ってよかった。』

『手の組み方とうなづき方、対処法は思ったことを聞く等、相手の思っていることを自分の頭の中に移動させる(イメージを合致させる)横滑りしないで深堀りをすることが大事だと思った。』

といった感じです。

IMG_6807

 

こうして、コンサルタントが直に横についてロープレを受けられます。

 

また次回も参加したい!という声をいただいてますので楽しみです。

次回は、5月15日(日)、6月22日(水)と開催してまいりますので、ご参加お待ちしてますね!

お申し込みはこちらです。