これだけでも売れました!つい見逃してしまう、質問の前に大切なこととは?


これだけでも売れました!つい見逃してしまう、質問の前に大切なこととは?

hayashi_photo

from林 俊一

東京オフィスより

 

私の自宅は千葉県銚子市にある。

千葉県の東端、利根川の河口に位置し、

川を渡れば茨城県という田舎町。

 

自宅とは言っても、その一部は日本茶、茶道具などを

販売する店舗になっている。

 

私は日本茶、茶道具などの販売店の

5代目として後を継ぎ、既に6代目として

店舗の方は次男が奮闘してくれている。

 

普段は、東京オフィスと自宅の銚子を行ったり来たりで

片道、おおよそ2時間半くらいはゆうにかかる(^^;

 

リアライズ代表青木にも、「京都からくるより遠いやん!」とか

他のメンバーからも「遠いですね~」などとからかわれる。

 

そんな冷やかしにもめげず通っている自宅は

大きな総合病院と隣り合わせになっていて

道路を挟んで、はす向かいには病院の駐車場もある。

 

平日の午前は、病院にくる患者さんやその家族

リハビリを受けに来る人などで結構

クルマや人の往来が盛んだ。

(といっても、本当に田舎レベルのにぎわいである)

 

 

通常、クライアントさんとのセッションが

入っていない朝は、常に次男と一緒に店を開け、

掃除をするのも日課のひとつになっている。

 

先日、店を開けて店前を掃除していた時のこと・・

 

一人のマスクをした女性の方が

店前を通り過ぎようとしていた。

 

「おはようございます!いい天気ですね~」

と私はその女性に笑顔で挨拶を投げかけたところ・・

 

「おはようございます、そうですね~

温かくなりそうですね~」と笑顔で返してくれた。

これだけでも、気持ちいい朝だった。

 

それから、十数分たっただろうか・・

一人のお客様を次男が接客している店に

顔を出すと・・・・

 

そこには、先ほどの挨拶を返してくれた女性が!

「あー、いらっしゃいませ!先ほどは・・」

と言葉をかけると、

 

「いや~気持ちの良い挨拶をしていただいて、

思わず、買いに来ちゃいました!」と仰った。

 

なんと!・・・挨拶ひとつで!・・・

正直、とてもうれしい出来事だった。

 

青木は常々言っているし、

私もそのように教わってきた。

 

「営業はコミュニケーションだ。

コミュニケーションの結果、営業になる」と。

 

その昔・・青木も営業マン時代、

横断歩道で信号待ちをしている時・・

 

見知らぬ人に『「こんにちは!いい天気ですね」などと

挨拶の声掛けの練習をした』と言っていた。

 

それを聞いて以来、私も店前を通る方には

知っている方はもちろん、知らない方にも

積極的に挨拶を心掛けてきた。

 

丁寧にあいさつを返してくれる方・・

笑顔になってくれる方・・・

 

ぶすっとして何も答えてくれない方など

本当に様々な人がいる。

 

でも・・営業の場面だって同じ。

 

そして・・・まずはここだろう!

 

コミュニケーションにも段階がある。

 

気軽な挨拶の段階・・

情報交換の段階・・・

そして本音の話し合いの段階。

 

加えてそこには当然、相手に対する

好意、と共感があってこそなのだ。

 

この段階を踏んでいくからこそ

お客様との信頼関係が築かれ

結果、営業の成果になっていく。

 

いつもこの日のようにいくことなんてない。

いやそれどころか、そうあることじゃない。

 

ただ、この基本なくしては、物売り以上には

なれないだろうと思う。

 

このお客様から始まるご縁だって

きっとある。そのご縁がどこまでも広がっていく

可能性だってある、そういうものだと思う。

 

それもまた、お役立ちだとも思う。

 

基本の大切さ・・・

それを積み上げていく大切さ・・

 

それを実感しながら・・・

 

お客様に我々は

育てられているんだな~と

つくづく感じた、さわやかな朝でした。

PS

このお客様との関係が・・

今後どうなっていくのか・・

実は楽しみのひとつになっている。