実は先日,心から「お役に立ちたい気持ち」が湧き溢れまくる面談をしました!


実は先日、心から「お役に立ちたい気持ち」が湧き溢れまくる面談をしました!

yoshida_photo

From:吉田直行

 

東京オフィスより

 

先日、不動産・建築のお仕事をされている
ある経営者の方と面談をしました。

 

最初に軽い雑談をしながら徐々に経営者
ご自身のことを聞かせていただきました。

 

実はここから、
心から「お役に立ちたい気持ち」が
湧き溢れまくることになったのです!

 

私は経営者とお会いすると、
必ずその方が創業された切っ掛け・
思い・経緯を聞かせていただきます。

 

この経営者は今の会社を設立される前に脱サラを
して2年間不動産にて独立されていたそうです。

 

さっそくそのことを聞かせていただきました。

 

サラリーマン時代に宅建の資格を取っていて、
不動産の仕事に興味を持っていたこともあり独立。

 

独立したのは良いものの殆ど知識や経験が乏し
かったので試行錯誤で奮闘の日々だったそうです。

 

その奮闘振りで感動したことは独立したての時は色々と
資金面を切り詰めながら営業活動をせざるを得ません。

 

不動産のお仕事なので物件・会社の存在を
見込み客へ知っていただく必要があります。

 

そのためにどうしたら良いのか真剣に悩まれ
チラシを作成しばら撒き作戦をすることにしたそうです。

 

でも大量に作成しあちこちばら撒くだけでは
費用・時間も掛かり余り得策ではありません。

 

ではどうした良いのか考え続け不動産を購入する
見込みのありそうなアパートや築年数が経過している
マンションに絞りチラシをばら撒くことにしたそうです。

 

チラシをばら撒く方法も真剣に考えられたそうです。
業者に依頼すればいいのかも知れませんが、
それでは継続的に費用が掛かってしまいます。

 

ではどうしたのかというと小型のバイクを購入し
自らチラシを作成しばら撒くことにしたそうでうす。

 

ここで感銘を受けたのがチラシをばら撒くことについてです。

仕事の時間を有効に使うためこの経営者が取った行動は
早朝5時から新聞配達のように見込客になりそうなアパート・
マンションへ一件々日々ばら撒き続けたそうです。

 

その日々の努力の甲斐あって反響が起こり始め
契約が徐々に増えて行ったそうです。

 

ですが都心部での営業ということもあり、
当然競合もあり厳しい状況化にあったそうです。

 

その時ちょうどお子様が誕生し状況が変わり夫婦にて
話し合った結果、故郷へ戻り再起することになったそうです。

 

その後3年間不動産会社での知識・経験を積み重ねた後に独立、
今の会社を興され10年が経過し順調に推移しているとのことでした。

 

なんていい話しなんだ!と感銘・感動する中で私の心に
この方は素晴らしいなぁ、私にできることはないかなぁ、
お役に立ちたいなぁ、という気持ちが湧き溢れまくってきました。

 

その流れで自然と営業での状況や営業マンのことや教育の
中での問題点など聞いて行くうちに絶対に質問型営業が
役に立ち貢献できる確信が湧き溢れてきました。

 

そんなこんなで会話をして行く中で自然と質問型営業を
取り入れるためにはどうしたらいいの?
という話しになりお役に立つ方向で面談が終わりました。

 

そしてお帰りになる時に私から、
いやぁ○○様にお会いできてとても良かったです!
これからご支援させていただきます。ありがとうございます。

 

と言葉を掛けると経営者の方も同じく、
私も今日吉田さんにお会いできて良かったです。
これからも宜しくお願いします。

と言葉を返してくださったんです。

 

本当に心からお役に立ちたい気持ちが湧き溢れ、
とても最高な面談を経験することができました。

 

なかなか言葉だけでは伝わりにくいかも知れませんが
この場面を体験すると病みつきになります。

 

次はあなたの番ですよ!

 

それでは~。