家電量販店の店員さんから販売攻勢を受けました。。。


家電量販店の店員さんから販売攻勢を受けました。。。

From:吉田直行

yoshida_photo

 

東京オフィスより

 

先日仕事の合間にパソコンを買い替えようかなぁと思い、
ちょうど近くに家電量販店があったのでふらっと立ち寄りました。

 

フロアに着きゆっくり見始めていると店員さんが近づいてきました。

 

するといきなり店員さんが、、、

 

そのパソコンいいですよね!

どんなのをお探しですか?

 

すると私は、

 

ただ見てるだけなので、と言いました。

 

そして店員さんが、

 

見るだけでいいですよ。

どんなのが見たいですか?

 

と間髪いれずに話し掛けてきました。

 

ここで私は完全に見る気も聞く気を失い、
聞きたいことがあったら声を掛けます。

と言ってそのままフロアを後にしました。

 

私は少し不快な気持ちになりましたが、
店員さんはきっと一生懸命だったのだと思います。

 

もし質問型営業を知っていたら
きちんと会話ができ役立てるのになぁ、、、
とも思いました。

 

今はインターネットで買い物ができるので
家電量販店での販売は簡単ではない
場合があるかも知れません。

 

ですが質問型営業を活用し販売員の方が
お役に立ちたい気持ちでもう少しお客様に
耳を傾け寄り添った質問を投げかけることで
展開が変わったのだろうと思います。

 

もし私が店員さんから
こんな風に話し掛けられたら、、、

 

こんにちは。パソコンはお使いですか?

 

はい使ってます。

 

あぁ、そうなんですねぇ。

 

普段どのような使い方をされているのですか?

 

まぁ仕事でメールやネット検索したりですかね。

 

なるほどぉ。

お仕事テキパキこなされてるのでしょうね!

 

まぁそんなとこですね。

 

そうですかぁ、お仕事できる方に見えますよね。

 

・・・

 

ところでお客様、

こちらのフロアへはなぜ来られたのですか?

 

ん~最近ちょっとパソコンの動きが鈍くなって
きたのでどんなのがあるかなぁと思ってふらっと
仕事の合間に寄ってみたんです、、、

 

あぁ、そうなんですねぇ。

 

動きが鈍いとはどんな感じなのでしょうか?

 

続く、、、、

 

ということで、
買う買わないは別として立ち止まりパソコンの状況を
聞いたり購入アドバイスを受けていたと思います。

 

この違い分かりますでしょうか?

 

実は第一声で決まると言って過言ではありません。

 

そのパソコンいいですよね!

 

と言われても何がいいのか分からず、
デザイン・質量・価格など漠然と見ています。

 

なので、

 

どんなのをお探しですか?

 

といきなり聞かれても事前に調べまくって
いれば別ですがどんなのかが答えられません。

 

なので、いいや、、、

となってしまいがちですね。

 

それとは違って、

 

こんにちは。

パソコンはお使いですか?

 

と聞かれたら殆どの方が使ってます。
とつい答えてしまいますよね。

 

ここから徐々に聞きながら距離を
縮めていけば展開が変わると思います。

 

ですのでまずは漠然と答えてくれる
質問から入ってみてはどうでしょう?

 

お客様への第一声はアプローチに
おいてとても大事なことだと思います。

 

もし自分がお客様なら、、、

 

と言う気持ちで質問を考えていただき活用して
いただければ不思議なことが起こるかも知れませんよ。

 

ぜひお試しあれ(^O^)/

 

それでは~。