強引な不動産投資のテレアポ電話が掛かってきました!


強引な不動産投資のテレアポ電話が掛かってきました!

yoshida_photo

From:吉田直行

 

東京オフィスより

 

つい先日一本の電話が掛かってきました。

 

それは不動産投資の勧誘でした。

 

いままでなら直ぐに切っていたのですが、
質問型営業に関わってから無碍なことを言わず
少し話しを聞き断りと励ましの言葉を添えてから
電話を切るようにしています。

 

それはなぜかというと、

 

・私自身もテレアポをしていて気持ちが分かるから

・クライアントへ指導している立場だから

・営業マンに次へ電話する元気を与えたいから

 

などがあります。

 

いつもなら穏やかに頑張ってくださいね~
と電話を切っていましたがこの電話で私が
不快な気持ちに変わっていったのです。

 

私○○会社の○○です。

お仕事を頑張っている方お忙しい方へ節税対策
としてマンションの不動産投資のご案内です。

 

から始まり少し話しを聞き興味がなかったので、

 

不動産投資に興味はないですね。

仕事中なので電話を切らせていただきます。

 

というと、

 

ありがとうございます。皆さんそうなんです。

ですが話を聞いていただければ分かります。

 

と間髪入れずに切り返されました。

 

私がもう一度、

 

本当に興味がないし仕事中なので切らせていただきますね。

 

というとまた間髪入れずに

 

ですから話を聞いてもらったら理解していただけます。
吉田さんは・・・

 

といきなり説明を始めてしまいました。

 

そして、

 

だから興味がないって言ってるでしょ!

 

聞いていただければ分かります!・・・

 

とまた強引に説明を始める営業マン。。。

 

こんなやり取りが3~4回続き私がひと言。

 

他の方へも同じ様に電話されているのですか?

 

はいそうです。私は営業ですから!

 

と強引さが当たり前の様な口ぶりで
少し切れかかった感じで返事されました。

 

えっ逆切れ?なんだそりゃ?と私も相手に言いました。

 

あなたの電話で私はいま凄く不快な気持ちです!

 

でも営業マンはそんなのお構いなし!
次にいかに説得しようかと話し始める始末。

 

あぁこりゃだめだ、、、
と半ば強引に電話を切り終えました。

 

きっとこの営業マンは、
こういったやり方の指導を受けているか
周囲と同じやり方をしているのだろうと思います。

 

会社のやり方なのでどうこう言う気はありません。
敢えて言うなら一つ意識するだけで会話の内容が
凄く変わるのになぁと感じたことがありました。

 

それは共感です!

 

あいづちの言葉は少し入れていましたが
全くと言っていいほど共感していません。

 

そして間を取ることもなく自分の言いたい
ことを次から次へと話していました。

 

典型的な説明・説得でしたが共感して
間を取って少し質問を意識するだけで
会話の内容や流れが変わったと思います。

 

改めて、

 

好意 ⇒ 質問 ⇒ 共感

 

を繰り返すことで他人とのコミュニケーションが
成り立っているんだと実感・再認識しました。

 

この記事を読まれてる方はその様なことは
ないと思いますが相手を不快にさせずに、
質問型営業で愉快にしていただきたいです!

 

やはり基本は、

 

好意 ⇒ 質問 ⇒ 共感

 

いかにコミュニケーションを円滑に運ぶかで決まります。

自然とできるまでやってみてください!

 

それでは~(^O^)/