常に未来と会話をするトップセールスマン・常に過去と会話をする売れないセールスマン


常に未来と会話をするトップセールスマン・常に過去と会話をする売れないセールスマン

kira_photo

From 吉良 洋

大阪オフィスより

 

ずいぶん以前に見た、ある雑誌のアンケートを思い出すと、

いつも成績低迷のセールスマンとよく似ていると思う。

 

かつてある雑誌が、80代の老人に、

「あなたの人生で一番悔やまれる事は何ですか?」

というテーマで調査をした。

 

この質問に対する答えで、圧倒的に多かったのは・・・

 

「なぜもっとリスクを負ってでもチャレンジしなかったのか」

という答えだった。

 

長い人生で失敗した事もあったようだが、

そんな事を悔やんではいなかった。

 

「あの時がチャンスだったのに、なぜ尻込みしたのか?」

「本当はやりたい事があったのに、なぜ行動しなかったのか?」

「なぜ、チャンスに向かわずに、リスクを避ける事ばかりを考えてきたのか?」

「夢を捨ててつかんだ安定って、何だったのか?」

 

そんな事を本当に悔やんでいるのです。

 

前回フルコミッションの世界で生きていく為には?

というテーマのブログを書いた。

 

老人が人生の終盤を迎えて去来する思いや後悔と、

フルコミッションセールスマンガ、撤退するしかない状況に陥って、

後悔する思いには、似たところがある。

 

ややもすると、人は「常に安全でありたい」

という選択をしがちだが、

 

フルコミッションという世界でいう「安全」とは何か?

 

高い実績を継続的にあげていく事を可能にしている、

「心構え」と「コミュニケーション技術」という「無形の資産」である。

 

この「無形の資産」は元気で働いている間、

「高い報酬」即ち・・・収入・達成感・お客様からの感謝の言葉・充実感・誇り・・・

という様々な報酬をもたらし続けてくれる。

 

フルコミッションの世界で生きていく為の「価値観」のひとつに、

時間とお金の使い方がある。

 

毎日使う時間には・・・

「浪費した時間」「消費した時間」「投資した時間」がある。

 

日常使うお金にも・・・

「浪費したお金」「消費したお金」「投資したお金」がある。

 

3年後、5年後、10年後・・・

自ら選択した「フルコミッション・セールス」の世界で

大きな成果を手に入れ、人生を成功させたければ、

 

「プロ」という域に到達するまでは、

時間とお金に対する意識、使い方を変える事を、お勧めする。

 

「プロ」としてビジネスが成立するまでは、

「浪費」と「消費」を削り、「投資」に廻す。

 

そして「プロ」の領域に到達すれば、

自分の夢、家族の夢の為に、たっぷり時間とお金を使えるだろう。

 

「プロとアマ」・「一流と二流」の決定的な違いは、

自らの意思決定で「プロ意識」を養成し、高めていくか否か。

と、結論付けられるだろう。