振り返りシートの3つのメリット。


振り返りシートの3つのメリット。

スクリーンショット 0028-01-26 14.27.48

From:新井翔平

 

 

【注意】
今日のブログは振り返りシートをやったことが無い人からすると意味不明の内容になっています。
振り返りシートを知らない方は、「3つの言葉」をお買い求めください。

 

テクニックは売りやすいけど効果性は低い。
本当に効果があるものは売りにくい。

 

自己啓発の世界でよく言われる言葉だそうです。

 

質問型営業を修得する人のほとんどは、実は振り返りシートの達人でもあります。

改めてそのメリットをまとめてみましょう!

 

その1 質問型営業が習得できる

 

何と言っても1番はコレ。
自分の身に起こった出来事、その時に感じた感情に対して
なぜ?
なぜ?
なぜ?
と、自分自身の感情を深く掘り下げていくのがこの振り返りシート。

 

よく、質問型営業を習得出来ない人の声に多いのが
「相手の事実を聞くことに終始してしまい、感情を掘っていくことが難しい」とのこと。

 

当然、誰もが始めから「感情を掘る」ことが出来るわけじゃない。
一朝一夕で出来るものでもない。
ただ、確実に習得までの時間短縮をする方法はある。

 

それが、
「自分の感情を掘る」ということ。

 

青木もよく言っている
「営業マンはとにかく練習をしない。」
「下手をするとお客さんで練習をする。」
「そして気がついたら見込み客全員食いつぶしてしまうんや。」

 

全くその通りで、「感情を掘る練習」をお客さんでやってはいけない。
自分で「自分の感情を掘る」練習をしよう。

 

その2 売上が上がる

 

当然質問型営業が習得できるので、結果として売上も上がる。

 

「事実の質問」
ではなく
「感情の質問」のレベルが上がるので、結果として相手との信頼構築のスピードが以前と比べ物にならないほど早くなる。

 

事実を掘ったところで、それ以上会話は広がらない。

 

相手の感情を掘り、
相手に深い思考を促し、
時間をかけて価値観やこだわりや信念を考えてもらうから、
本人さえも忘れていた、大切なコトを今一度思い出してもらえるようになる。

 

質問型営業マンがお客様に提供している商品の正体は、
ある意味この「大切なコトを思い出してもらう」コト。

 

経営者は普段からたくさんの営業マンと面談をし、相当な数の売り込みをかけられている。
そんな中で、あなたとの会話の中から、忘れていた自分の大切な信念を思い出させてくれたなら、あなたのコトを一目おくに違いない。

 

その3 人間関係が良好になる

 

振り返りシートの利点としてもう一つ挙げたいのが、
自分にとってコントロールの「あること」と「無いこと」の線引きができるようになること。

 

コントロールが無いこと
→積極的に諦めることが出来る
コントロールがあること
→積極的に改善へと意識が向かう

 

考えてもどうしようも無いのに、
「なぜあの時、あんなことになってしまったんだろう、、、」とか考えたことってありませんか?

 

正直、考えることが建設的な思考もあれば、考えるのが無駄な思考もある。
振り返りシートを書けば、一瞬でそれらを見分けることができるようになる。

 

コントロールがあることと無いことを仕分けることができれば、どうなるのか???

 

他人に対して優しくなれます笑

これ、本当 笑。

 

「なんでこれが出来ないんだよ!(怒)」
が、
「仕方ないよね」「そーゆう日もあるよね」
に変わる。

 

 

自分の中の共感力がアップします。

 

 

仏の心に近づけます。

 

ぜひ皆さんも振り返りの達人となって質問型営業を修得しましょう!

 

 

PS

質問型営業オープンセミナーはこちら!