質問型営業で成果の出る人・出にくい他人の違いとは?


質問型営業で成果の出る人・出にくい他人の違いとは?

From:吉田直行

yoshida_photo

 

東京オフィスより

 

私は本・セミナー・面談・紹介などを通じ
その中でご縁のある方へ質問型営業を
身につけていただき人生を変えるべく
ご支援をしています。

 

そんな中で成果の出る人・出にくい
他人がいるなぁと感じています。

 

私が感じる「成果の出る人の共通点」とは。

 

・素直に受け入れる姿勢

・学習と訓練の実践

・試行錯誤の連続

 

この3つだと思っています。

 

私もこの質問型営業を知り「営業塾」を
受講し成果を出してきています。

振り返ってみてもこの3つを自分
でもしていたなぁと改めて思います。

 

そして自分の営業スタイルを変え成果を
出したい方は真剣度と覚悟が違います。

 

なので能動的に取り組むし問題・課題・質問を
投げかけてくれるので解決策・改善を繰り返し
ながら自身が望む成果を手にすることができます。

 

私は成果を出し続ける方とのレッスンは
とても楽しいですし熱が入るので時間を
忘れ長引くことが多々あります。

 

もちろん費用を掛けているのですから私も
成果提供をするのが当然だと思っています
し問題解決にコミットし日々取り組んでいます。

 

毎回のレッスン時に成果状況や報告を聞くと
嬉しくて仕方ありませんし更にお役に立ちなくなります!

 

そして「成果の出にくい他人共通点」とは。

 

端的に言うと成果の出る人と逆のこと
をしている様に感じます。

 

・素直さが乏しい

・学習と訓練の実践不足

・試行錯誤が乏しい

 

当たり前なことと言えばその通りです。

 

他にも色んなことがありますが、
そんな理由を書き連ねても意味がありません。

 

ここで受講者限らずに言いたいのですが
物事に取り組むが成果の出にくい他人は、

 

言い訳ばかり、、、

お金が・時間が・仕事が・妻が・家族がなどと、、、

 

そして悩み・考えれば考えるほど言い訳が増幅し
結果として決断できなくなり違うことを探し始め
堂々巡りを繰り返し負のスパイラルへ自ら嵌って行きます。

 

偉そうに書いてますが確かに私も今でも
悩み・考え判断に戸惑うことがあります。

でも言い訳しても何も進まないし解決しない
ことは分かっているので引きずらずに
短期間で決断するようにしています。

 

要は何事も“やる”か“やらない”かです。

 

そんな色んな選択肢の中で
質問型営業を身につけると間違いなく
人生に大きな影響を与えてくれます。

そのためのご支援は惜しみません。

 

人生は自分で変えるしかないんです!