トップセールマンが身近にいても、同じような成果を上げられない【2つの原因】・・・その2


トップセールマンが身近にいても、同じような成果を上げられない【2つの原因】・・・その2

kira_photo

From 吉良 洋

大阪オフィスより

 

全く同じ商品・サービスを、

同じ市場に提供しているのに。

 

常に成果を上げ続けているトップセールスマンと、

常に低迷しているセールスマンがいる。

 

身近にトップセールスマンがいるのに、

なぜ成果を上げられないか?

 

主な原因は2つ。

 

今日は、その2。

 

これまで多くのトップセールスマンの人達と話して、

「そうだよなぁ」・・・と共有した事でもある。

 

それは・・・

低迷しているセールスマンの

【在り方】に問題があるっていう点。

 

答えがわからず苦しんでいる人を見て、

答えがわかっている人がみれば、

「こうすればいいだけなのに」と感じる事が多い。

 

しかし、上手くいかない人は、

実は、本当に人から学ばないという傾向がある。

 

表面(情報)だけは学んでいるように見えて、

実のところ、一番重要なところまで学ばずに、

「あとは自分なりにやってみます」という。

 

それで上手くいくはずがないのに。

 

上手くいっている人、トップ営業マンは、

そういった経験から、

低迷している人、悩んでいる人に

親身にアドバイスする気になれない。

 

アドバイスは求めてくるが、

アドバイスしたように考えない。

アドバイスは求めてくるが、

アドバイスしたように行動しない。

アドバイスを求めながら、

自分の考えや意見を手放さず抵抗を示す。

 

「はい解りました。やってみます」

「やってみた結果は~~~で、

そこから~~~という気付きがあったので、

~~~しようと思いますが、それでいいでしょうか?」

 

これが正しい在り方だと思う。

 

売れてない人が売れている人からアドバイスされて

「私はこう思うんです」・・・というのは馬鹿げた話だ。

 

トップ営業マンは、

そんな在り方の人と無駄な時間を過ごす気にはなれない。

やり方、方法、ノウハウを求める際に、

自分の在り方を振り返る必要がある。

 

一時期低迷していても、

上昇してくる人に見られる共通点のひとつに、

昔から言われる「守・破・離」という在り方がある。

 

「質問型営業」に関心を持たれたきっかけや状況は、

人それぞれだと思うが、

「質問型営業」を誰よりも実践し、

誰よりも体験数の多い「開発者・青木毅」に直に触れてみる事が、

これからの「質問型営業」の実践に役立つだろう。

 

「青木毅のポッドキャスト・ライブセミナー」を

今後の営業活動の糧にして頂ければ幸いに思う。