「質問型営業」を進化させ続ける、開発者・青木 毅


「質問型営業」を進化させ続ける、開発者・青木 毅

kira_photo

From 吉良 洋

大阪オフィスより

 

昨日大阪オフィスにて、

「青木 毅のポッドキャスト・ライブセミナー」を

開催させて頂いた。

 

ポッドキャストをいつも聞いている人、

青木の書籍を繰り返し読んで実践を試みている人が

参加頂いた。

 

「ライブセミナー」の趣旨通り、

参加者の方々の課題をお聞きしたところ

やはり課題の多くは「アプローチ」にあった。

 

その後、解決の為の質問型営業の実践法が

青木から語られたが、

質問型営業は、「原則」と「方法」という土台の上で

日々進化し続けている事を実感した。

 

営業の全プロセスの中で、アプローチの果たす役割は

限りなく大きい。

 

アプローチの成否が営業の成否を決定付けると言っても

過言でないことは、ほぼ全ての営業マンが自覚している。

 

しかし・・・

 

そう自覚はしているものの、

アプローチの定義とは?

アプローチとは何をする事が必要なのか?

お客様と何を共有すればいいのか?

その為に、何をどのような順序で質問すればいいのか?

を、多くの営業マンが理解できていないという事も、

改めて実感した。

 

質問型営業は、「原則」と「方法」によって組み立てられた

コミュニケーション法であり、営業法である。

 

人間心理に基づいた「原則」をしっかり腑に落とし、

質問という「方法」を正しく行なっていけば、

始めて出会った人とでも、驚くほど信頼関係を

築いていける。

 

その「方法」が、

より具体的に、より実践的に示されたセミナーだった。

 

「人間心理に基づいた原則」を完全にふに落とし、

「質問という具体的方法」を自在に操れるようになる事。

 

その事がもたらす利益(お客様に提供できる価値&営業マンが得る価値)は

計り知れないものになっていくだろう。

 

今、営業の世界もトップ営業マンと低迷する営業マン

という二極化が急速に進んでいる。

この流れは益々加速していく傾向にある。

 

二極化は営業の世界に限った話しではない事を

誰もが実感しているはず。

 

そんなサバイバルな時代を「お客様へのお役立ち」という

信念に基づき、実績を上げ続けていきたいものである。

 

今の時代(市場・お客様)に求められる営業が

何たるかをわからないまま、闇雲に営業し、

疲弊し続けていく事のないよう、

青木と共に、質問型営業の「原則」と「方法」を

多くの営業マンの方々にお伝えしてきたいと誓願する。

 

次回、大阪では9月4日に

「青木 毅のポッドキャスト・ライブセミナー」を

開催させて頂く。

 

一生懸命な思いを持って営業に取り組んでいる方との

出会いを楽しみにしています。