質問型営業(株式会社リアライズ) 青木道場

『もう、ちょっとマンネリ気味!?』『もう、そろそろ慣れてきた!?』と、感じた時に、即!実行する事とは?


『もう、ちょっとマンネリ気味!?』『もうそろそろ慣れてきた!?』と、感じた時に、即!実行する事とは?

0125 FROM 安井 匠 横浜のオフィスより   いきなりですが、ぶっちゃけありませんか? タイトルのように思うこと。。。 私達は人間ですから、いろんな感情が湧き上がりますよね。   営業マンがお客様に喜ばれる存在であるために、モチベーション管理ということも、とても大切な要素のひとつだと感じていらっしゃる方も多いと思います。 その時に、 「そういう気持ちにならないようにするにはどうしたらいいでしょうか?」 というようなご相談を受けることがあるのですが、皆さんでしたら、どのように答えますか?   「そっか~、マンネリ気味なんだ~、”たとえば”どんな感じ!?」 「なるほど~、それを解決したいんだね~。ちなみに、”何故”それを解決したいの?」 という共感+質問が頭に浮かんだ方! すばらしいですね!質問型エキスパートです!   ここでは、それらの質問をした上で、相手から答えがなかなか出てこない、なんて時に、私ならこう答えるかなということを書いてみます。     「そっか~、ちなみにマンネリ気味になっちゃダメなの???」   と聞くかもしれません。 というのも、そういう気持ちになってしまうこと自体は決してダメなことではないんですよね。 一生懸命の時もあれば、そうでない時も正直あるのが自然というものではないでしょうか?   私だって、ぶっちゃけクライアントさんに「がんばりましょう!」なんて言いながら、もうムリ、、、とか、う~ん難しいな~、なんてくじけそうになる事もあったりします。 だからこそ、そのような気持ちになること自体は決して悪いことではないと思うのです。  

 ただ、、、ここでひとつ意識して欲しいことが、その気持ちを放置しないということです。

流れる時に身を任せれば、時間が解決するんじゃないかな。 では、ちょっともったいないと思うのです。   そんな時は、直ちに”課題解決シート”を活用するのです。

>その今の自分の状況や気持ち(現状)

>そもそもどうなりたいのか?(欲求)

>一番の障壁が何であるのか(課題)

>解決策は?(解決策)

>具体的にはどうすればいいのか?(行動計画)

>そもそも本当に解決したいのか?解決できるのか?行動するのか?(評価)

といったようなことを、キチンを紙に書き出して、解決の一歩に乗り出す。ということが大切なのです。 ※課題解決シートをご存知でない方は、『3つの言葉だけで売上が伸びる質問型営業』を読んでみてくださいね。   こうして、紙に書き出すと、なんとな~く過ぎてしまっていたことが、じゃあまず一歩どうすればいいのか?が分かります。 そうして、そのままにしておくのではなく、一歩進んでやってみることで、きっと何か感じること、思う事があるはずです。 そうしたら、またしっかり”振り返りシート”を活用して、振り返って、次の一歩を見つけていくのです。   このように、PDCAサイクルなんて言いますが、このサイクルを回していくことで、あなたは進歩・成長・変化し続ける。 つまり、営業成績はもちろん、人生においての自己ベストを更新し続けるようになるのです。   そんな、セルフマネジメント力を身に付けることも、営業マンとして大切なことなのです。 ということで、このセルフマネジメント力を高めることに関するセミナーを開催してみようかな。。。 是非開催して欲しい!なんて方がいらっしゃったら、いいね!ボタンをおしてみていただけますか? 50超えたら、実行してみようかなと思います。 それでは、最後までお読み下さり、ありがとうございました!   質問型営業に関する悩みをコンサルタントに相談してみませんか? このブログでコンサルタントがお答えいたします。 相談のお申し込みはこちらまで