質問型営業を知り、学び始めてから1年3ヶ月、街の電気屋さんの社長は今!?


質問型営業を知り、学び始めてから1年3ヶ月、街の電気屋さんは今!?

0125

FROM 安井匠

横浜のオフィスより

 

連日、熱戦が繰り広げられるオリンピック!

卓球の福原愛選手を見て、本当に苦しかっただろうな~と、

思いっきり感情移入して、深夜に、もらい泣き!?どころか号泣!?した安井です(笑)

きっと、安井だけではないですよね!?(笑)

そこから、いろんなことを感じ、学びを感じ取った方も多いのではないかと思います。

 

さて、そんなオリンピックで盛り上がる中、頑張っている選手と、思わず重ねと合わせる営業塾の塾生さんにお会いしました。

 

 昨年4月にセミナーを受けたことをきっかけに、8ヶ月間営業塾を受講されました。

この塾生さんのお仕事は、一言でいうと『 街の電気屋さん 』 です。

業績アップは、もう当然のこととして、さらに素晴らしいのは、学んだことを全て従業員に伝えて、

伝えた従業員までもが、質問型営業を習得したことです。

 

そして、今年3月~4月にかけては、さらに、社員だけでなく、もっと広くご自身の業界へこの質問型を広げたいということで、

質問型コミュニケーション協会のトレーナーにもなられて、現在、講師としてもご活躍いただいております。

 

とにかく、僕がすごいな~と思ったのは、社員さんが習得しただけにとどまらずに、同業種の仲間にもその素晴らしさをお伝えして、学ぶことを勧めてくださっているのですよ。

それってすごいことだと思うんです。

もう本当に、ビックリでした!!!

 

 なぜ、そこまでに至ることが、出来たのでしょうか!?

僕はどうしても、その要因を知りたくて、いろいろと質問させていただきました。

すると、どうやら一番のポイントは、これだったようです。

 

「 やっぱり、早朝勉強会を、ずっと継続してやり続けている事ですね。  」

 

この社長さんは、早朝勉強会として、週2回1時間ほど、社員全員で、振り返りシートの共有をして、

そして、ロープレをこの1年3ヶ月ずっとやり続けていらっしゃいるのです。

学んだことを、すぐに社員へ伝え、社長自らが実践しながら、社員と一緒に高め合っていったのです。

 

 

学んでいる内容は、皆さんと全く同じです。

それは、営業塾を受講してくださっている方はもちろんですし、書籍で書かれていることも、podcastで語られていることも同じです。

でも、それを週2回しっかり学んでいるもの同士で、練習し続ける。

それが、着実に力として身についていく、大きなポイントだったのです。

 

そう言えば、オリンピック選手もそうだよな~と思うのです。

ただただ、自分の目標に向かって練習をやり続けること。

新しいことを学ぶというよりも、学んだことを練習⇒実践し続ける。

これって、何かを得るためには、シンプルだけど、とっても大切なことだよな~ということをあらためて学ばせていただきました。

 

こうして、自身で学び、そして、そのDNAを社員へと受け継ぎ、そしてさらにトレーナーとしてさらに影響の輪を広げられる姿。

本当に頼もしく、そして嬉しく思います!

これからがますます楽しみです!

 

そんな実践継続の場をみなさんに提供しております!詳細はこちら

より身の回りに伝えていく、伝える手段を得たい方はこちら

最後までお読み下さり、ありがとうございました!