料理を何倍も美味しくするスパイス(レストラン持ち込みOK)って知っていますか?


料理を何倍も美味しくするスパイス(レストラン持ち込みOK)って知っていますか?

From 鈴木康之 名刺を整理しながらの都内某所の喫茶店にて

suzuki_photo

ちょっと秋を感じるようになってきました。秋といえば味覚・食欲の秋が最初に浮かんでくるのは私だけでしょうか?

秋刀魚、栗etc・・・

 

本日はお料理のお話なんですが、

皆さんは料理を何倍も美味しくするスパイスって知っていますか?

このスパイスはレストランに持ち込んで使ってOKで、

内緒で隠して使わなくてもいいんです。

 

先日も以前から気になっていたお店でこのスパイスを使ってきました。

充分に期待の通で美味しいのですが、

さらにここでスパイス掛けると・・・・

美味しさUP!!

夫婦共々大満足でした!!(^○^)

 

内容はチーズハンバーグのランチ。

値段は普通で高くも安くもない金額です。

 

img_4679

*この画像はスパイスを掛ける前のハンバーグですが、これだけ見ても美味しそうでしょ!

 

 

実は、私は常に料理を美味しくするスパイスを携帯していますが、

不思議なことにお店で使っても今まで一度も注意されたことはないんです。

そしてこのスパイス、当然のことですが合成着色料、添加物は一切入っていません。

とても不思議なスパイスなんです。

 

 

どう思いますか?

欲しいと思いますか?

 

 

実はこれはスパイスですが、食べ物に掛けるのではありません。

正確に言うと、お店の方に質問を掛けます(^◇^;)

 

もうお解りですね!
『質問型スパイス』です。

 

では、使い方を説明しますね。

メニューの中から先ずは、

おすすめを聞きます。

その後、質問型スパイスをスタッフの方に・・・

すると食材へのこだわり、出来上がりまでの経緯、時にはお店の歴史まで

ドラマを聞くことが出来るんです。

すると何倍にも美味しくなるんです。

*忙しそうにしている場合は失礼になるので掛け過ぎには注意してください。

 

試してください! 何倍にも美味しくなり、さらにお店の事も好きになります。

img_4681

 

このように、質問型営業は日常のコミニケーションの質問の延長線上にあります。

 

なかなか実践する場がないと思っている「そこのあなた!」

 

営業だけに使うものと限定するのではなく日常で使うことを意識して下さい。

これは何にも代えがたい実践で、ロープレになります。

 

どんどんアウトプットして味覚の秋を楽しみましょう!

あっ、質問型営業を身につけて営業の秋を楽しみましょう!

 

さて、今日はどこのランチに質問型スパイスを掛けようかなぁ〜