【最終回】「ほめる」テクニック STEP3


【最終回】「ほめる」テクニックSTEP3

最終回「ほめる」テクニック STEP3

From 鈴木康之 東京オフィスより

suzuki_photo
さて、秋も深まってきましたね。

私は秋といば「さんま」です。

皆さんは何を連想しますか?

 

さて、今回は「ほめる」テクニックの最終回

前回までの内容は理解していただいていますか?

 

その内容を踏まえて、最終的にこのようにします。

 

まず、ほめた内容について引き続き「質問」してください!

 

例)ほめ)お持ちのこの鞄、深みのある茶で、重厚感があって素敵ですね。

質問)なぜ、その鞄を選ばれたのですか?

お相手)仕事柄、お客様に少しでも信頼をいただればと思い、意識して購入したんですよ!

 

そして、その思い(感情)に対してほめて差し上げるのです!

ラポール

共感)あ〜そう思って購入されたんですね〜

*あ〜ね〜の法則より(安井コンサルタントブログ参照)

ほめ2)お客様への対応にそこまで思っていらしゃるんですね。素晴らしいですね。

 

「思い・考え」が出た時にこそ共感し、ほめて差し上げるのです!

 

その人の思いを感じた時が、「ほめる」時なのです。

 

あなたは心から湧き上がった思いでほめ、

相手は心から嬉しく感じることでしょう。

大事なのは『心』ですよ!

あとは実践あるのみです。

 

ロープレも有効的ですよ!

今度はぜひ私をほめに、東京オフィスのセミナールームにお越しください。

ロープレで良いのでほめてください!

最近ほめられてないもので・・・・