ちゃんと『共感』を理解してますか?


ちゃんと『共感』してますか?

From  鈴木 康之  東京オフィスより

 

suzuki_photo

外はほんとに寒いですね〜

そんな中で東京オフィスのセミナールームは暖かく美味しいコーヒーもあるので

とても幸せ気分ですよ。質問型営業を磨きにいらしてくださいね!

さて、今回から共感力についてお伝えしていきますね!

 

共感力

私は営業ツールとして、いえコミュニケーションツールとして最も重要なものは共感力。

共感力を辞書で調べてみると「他人の意見や感情などにそのとおりだと感じること」とありました。一言でまとめれば、こちら側が「あなたの気持ち、わかります」というイメージでしょうか。

確かにその一面もまります。
しかし、共感力の本当の意味は、少しニュアンスが違うんです。

理解してはいけないんです!

そんなに簡単に理解ができるわけありません。(^_^;)

間違った共感は相手の信頼さえ失ってしまいますよ!

(−_−;)

質問型を実践されている方はご存知の通り、私たちの共感力とは、相手側から「この人だったら話を聞いくれる」「この人だったら理解してくれる」「この人だったら信頼できる」と感じてもらえる力なんです。

 

もし、相手が「失恋して辛いんです」と言ったら、「その辛い気持ち、わかります」と言うのではなく、「今、辛いんですね」となり、こちらがどうかではなく、相手の気持ちに寄り添い、確かめるように話を聞くことが、本当の共感なんです。相手の気持ちに寄り添う力を身につけることが必要なんですね。

 

理解してはいけないのですが、本当の共感は理解してくださいね!

 

次回も共感力をお伝えしていきますね・・・・・つづく