間違いない、これでアポの確率が上がる!そのやり方とは?


hayashi_photo

from 林 俊一

東京オフィスより

 

以前にこのブログでも書いたが・・

 

相変わらず、わけのわからない

営業電話があとをたたない。

 

いやそれどころか

時期的なものもあるのか・・

最近はむしろ増えているような気もする。

 

これを書いているたった今も

また営業の電話があったばかり ^^;

 

どんなことを言うのか

何も言わず聞いているが・・

 

まー

喋るわ、喋るわ、喋るわ、

 

そんなに息も継がずに喋って

疲れないのか、こちらが心配になってくる。

 

「うちは結構です」と言っても

何も言わないで電話を切ってしまう??

向こうからかけてきたのに??

 

あるいは、「うちはいい」と言っているにもかかわらず

こちらの話を無視して一方的に話し続ける・・

「・・・・・・・」

 

冷静に考えてみれば・・

 

いやあえて冷静にならずとも

どう考えてもおかしいだろう。

 

「ふざけんな〜」と言ってやりたいし

「一体何のために営業しているの?」

と聞いてみたいものだ。

 

こんな思いになっているのは

多分私だけじゃないはず。

 

このメルマガの読者の皆さんは

決してそんなことはないだろう。

 

いや、むしろ・・

こんな営業が多い今、

逆にチャンスじゃないかと思うのだ。

 

だって、一度も真っ当な電話営業に

遭遇したことはないのだから・・

 

一度だってこちらの話を聞いて

くれようとした人はいないのだから・・

 

「うちは結構ですけど・・」

「やっぱりそりゃそうですよね〜、わかりますそのお気持ち

突然のお電話ですものね〜」

「やっぱりこう言う電話って多いですか?」

なんてしっかり共感してくれたら・・

 

「(お、なんか違うなこの人・・)と思いながら

そうなんだよね〜」なんて、

多分答えてしまうだろうと思う。

 

まずは相手のことをしっかり認めてあげる

相手のことをわかってあげようとする。

 

その気持ちが優しく暖かな声になり、

本当の共感が引き出され・・

 

相手の警戒心を解き・・

安心感を持ってもらえることで・・

 

もちろん百発百中とはいかない。

ただ、確実に確率は、かなり上がると思うのだ。

 

まずは相手を思う気持ち

そしてしっかり共感!

 

是非試してください!

間違いないです!!

 

 

PS

質問型開発者青木毅、待望の新刊まもなく発売!

発売前から話題沸騰です!詳細こちらから→https://www.amazon.co.jp/85/dp/4495534912

同時に新刊記念講演も開催です!!お申し込みはお早めに→http://www.s-mbc.jp/news/5241/

 

体験会 課題解決セミナーはこちら→http://www.s-mbc.jp/category/event/