ちょっとした表現力で・・・


ちょっとした表現力で・・・

suzuki_photo

From 鈴木 康之 東京オフィスより

 

前回から表現力についてお話をさせていただいていますが、

表現力と言っても実際には恥ずかしいし、難しいし、

すぐには変わらないと思うしと言われる方もいらっしゃいます。

 

でも、そうでもないんです。

ちょっとした意識で伝わり方が変わってくるんです。

表現力の向上の入り口は「意識すること」なんです。

 

先日、今春大学4年生になる学生の方々に就活の対策をしました。

就活面談では普段の活き活きとした表情や溢れ出る思いが何処かに隠れてしまいます。

「考えた言葉を間違えてはいけない」、「よく思われたい」etc…..

色々ことが相まって結果が出ないと悩んでいる学生が多いのです。

 

この対策の講座はごくわずか時間なので、お伝えできることはごくわずかです。

実際アドバイスは2、3個ぐらいです。

そんな中でも参加された方が講座の終了するときには負担の活き活きとした表情になり

す。ちょっとした「意識」が、自信に変わるんです。

そして、嬉しいことに本日報告がありました。

以下、メールにていただいたコメントです。

とても嬉しいことがあったのでメールします。『今回、お話を聞きながら頷くリアクションや表情を意識していたところ、インターンシップ終了後に「〇〇くんいいね~、話していてリアクションを取ってくれると、こっちもちゃんと聞いてくれてるんだなって思うし、何よりもやる気を感じるね。元気もいいし、うちに欲しいのは〇〇くんみたいな子なんだよ」と個人的に言っていただき、人事の方の名刺も頂きました。』有難うございました。

 

なんとも嬉しい言葉をいただきました。

有難うございました。

 

ちょっとした「意識」が大きな成果につながります。

実際、表現力が向上すると、どんな良いことがあるのでしょうか?

それは次回に・・・・・