「誰もが・・確実に・・売れるようになる!」を確信できる!方法


hayashi_photo

「誰もが・・確実に・・売れるようになる!」を確信できる!方法

 

from 林 俊一

東京オフィスより

 

「質問型実践会」が最近盛り上がりを見せている。

 

昨年までは質問型営業実践会として

月二回開催をしていたのだが、

 

今年から質問型コミュニケーション協会との

コラボレーションで月4回開催している。

 

何をするのかといえば・・

2時間という時間の枠の中で

ほぼロープレである。

 

質問型営業を身につけ、成果を上げてくためには

このロープレがとても大事になる。

 

なんども申し上げているように

営業とはコミュニケーションである。

 

コミュケーションとは決して性格とか

生まれつきのものではない!

 

やり方、方法、技術であって・・

学習して訓練、つまり練習すれば

誰でもできるようになる!

 

何かの技術を身につけようとすれば

それはコミュニケーションに限った話ではなく

なんでもそうだろうけど・・

 

最初からできる人はまずいないはず

必ず学び、練習して上手くなっていくものだろう。

この練習にあたる部分がロープレになる。

 

営業を学びにくる方にロープレの体験を聞くと

ほとんどの方が商品、サービスの説明の練習しかしていないという。

これでは、一方的な説明が上手いか下手かの話になってしまう。

 

ところが質問型のロープレは

営業マンとお客様のやり取りを

実際に再現する形でやるので・・

 

お客様役の人も

お客様の立場になって話をするから

お客様の気持ちを感じることができる。

 

つまり、営業マンとお客様の両方の気持ち、

立場がわかるようにもなってくるのだ。

 

質問型がうまくなることもそうだが・・

この双方の気持ちがわかる、感じられるというのは

営業をする側にとっても非常に価値ある体験になるはず。

 

先日の体験会・・

私がある保険の方のロープレの相手として

お客様役をやった時のことである。

営業マン役の保険の方がお客様役の私に

 

自分がなぜコンサルタントになったのか?

どんな経緯があったのか?

その時にはどんな気持ちだったのか?

 

を質問され・・・

話しているうちに・・・

 

ロープレであることを一時忘れるくらい・・・

自分の感情の高まりを感じ・・熱く語った自分がいた。

 

結果どうなったかというと、

この人の話を聞いても良いな・・

こういう人の話なら信用できる・・

相談できるという気持ちに心の底からなった。

 

質問の「型」に沿って質問をされ、

応え、自分が話していくうちに・・・

あ〜、こんな風にお客様の気持ちが変化して・・

話を聞いてみよう!とか、この人だったら!とか

そんな気持ちになっていくんだと改めて実感した。

 

こんな風にやっていったら・・・

そしてそれをできるすべを身につけたなら

 

そりゃ確実に・・

誰もが・・・

 

売れるようになっていくわ!

ロープレ、練習はやっぱり大事だわ!

 

そんな確信をまたまた深めることになった、

ロープレ、実践会はとても有意義な時間なのです。

 

PS

質問型をやさしく解説してある待望の新刊!発売になりました!

https://www.amazon.co.jp/85/dp/4495534912

 

同時に新刊記念講演も開催です!!お申し込みはお早めに→http://www.s-mbc.jp/news/5241/

実践会、体験会、課題解決セミナーはこちら→http://www.s-mbc.jp/category/event/