質問型営業を勘違いしている人達・・・


From 吉良 洋

大阪オフィスより

 

質問型営業の書籍は、アマゾンでは1位、7位にランクされ、

ポッドキャストのリスナーも増え続けている。

 

そんな中、色々な質問や問い合わせを受けるが、

「質問型営業」を「迎合営業」と勘違いしている人が多いと感じる。

 

好意を持って質問し、しっかり共感する事。

相手を受け入れる事で信頼を得ることが大事だが、

お客様の欲求がはっきり表面化した時点で、

専門家として、プロとして、

「それができます!」

「その為に、今日私がここにいます!」

と、はっきり言い切る確信と強さ。

 

その時点で、お客様との関係は、

コンサルタントとクライアントという関係になる。

 

その一番大事な局面を制し、完全なお役立ちの立場から、

お客様の課題を解決、願望の実現へと、

完全にエスコートするのが質問型営業の神髄。

 

なんでもかんでも相手に合わせ、

迎合するのが質問型営業だと思っている営業マンが意外なほど多い。

 

自分が本当に質問型営業・コンサルティング営業を実践できているか?

質問型営業を実践しているつもりでも、実は単なる迎合営業になっていないか?

 

見極めポイントがある。

 

それを明確に見極め、本当の質問型営業・コンサルティング営業を実践し、

飛躍的に成果を上げたいと思われるなら、

是非一度「質問型営業・体験会」に参加される事をお勧めする。