目標=即ちノルマ、ツライもの、苦しいもの?


From:甲田博之

大阪オフィスより

 

「目標」とは「目印」であり目指すべきものである。

 

目標=即ちノルマ、ツライもの、苦しいもの

・・・このような捉え方は捨てましょう。

 

目標=即ちビジョン、またはその方向を指し示す「目印」

人間のステージをさらに高めるすばらしいもの

・・・これが正しい捉え方です。

 

人間は無限の潜在能力をもっているといわれます。

普通の人は、人生で豊かな能力の

10%少々しか使わないとも言われます。

 

現在の平均的な営業成果は現在の行動や考え方の

習慣が生み出していると言えるでしょう。

 

今以上の達成を得るためには、

今より優れた行動や考え方の習慣を作ることです。

これが未開発の能力を開発する方法です。

 

目標を達成したいとい欲望を湧き立たせましょう。

達成された時のイメージや恩恵を自分に「言い聞かせ」をすることです。

毎日の中で自分に対して刷り込むための仕掛けづくり

読むこと、発声すること、見ること等これを繰り返し反復することです。

 

目標達成に対して自信を培うことです。

セルフイメージ高めること

目標達成できている自分をイメージすること、

どんな表情で、どのように訪問し、対応し、提案し、

どんな一日の行動を取るのか?

 

達成している自分を振る舞うところからやる。

 

うまくいかないとき・・・ダメなやつと思うことがダメ

何が欠けていたのか?何が障害だったのか?を解明して

さらに達成精度を高めることです。

 

決意。やはり目標達成にしっかり鍵をかけるとしたらこれです。

成果を得られない理由の90%以上は

「途中であきらめる」ということです。

 

古今東西、成功する人の最も大きな特質は、

自分との約束を果たす精神(コミットメント)の有無です。