営業マンの重要な資質、熱意を育てる。


営業マンの重要な資質、熱意を育てる。

 

From:甲田博之

大阪オフィスより

 

営業の仕事を始めるとき

みんな新人からのスタートです。

 

一つ一つ商材やサービスについての知識を積んでいきます。

そして営業の為のコミュニケーションスキルを高めていきます。

 

現場でいろんなタイプのお客様に出会い

いろんな課題やニーズに遭遇します。

 

そしてお客様が満足する提案が出来て

「ありがとう」と感謝されます。

時には間違った判断をして叱責されることもあるでしょう。

 

そんな経験を通して営業マンは成長していきます。

一つ一つの経験が成長につながると実感して

充実感を味わいます。

 

仕事に対する心構えが成長していきます。

 

始めのうちは僅かに芽生えた関心。

さらに知ることによって好奇心が湧きます。

そして商品サービスに興味を持ちだす。

それがどのように顧客を喜ばせるかを知り

そこから情熱が湧いてきます。

やがて仕事に対する溢れるような熱意が生まれます。

 

こうして一人前の営業マンが誕生します。

 

ベテランの営業マンとなって安定した成果を出します。

 

しかし多くのベテラン営業マンが体験している

ある時期の失速。またはスランプ。

 

なぜ、こんなことが起こるのでしょうか?

理由は一つではないかもしれませんが、

恐らく重大な原因の一つは自己完成感からくる停滞です。

 

そんな時の改善策は、新しい知識・スキルを得ることです。

どんなに精通している仕事でも、

知り尽くしたということはありません。

まだ知らない商品・サービスに関する知識や、

まだ知らない営業スキル。

 

新しい何かを知ることによって、

何も知らなかった頃、一つ知るたびに

喜んだり充実したりしたフラッシュバックします。

そして営業マンにとっての重要な資質である熱意が

再起動するのです。