自ら成果を上げ、質問が劇的に上手くなる!ちょっとした秘訣


hayashi_photo

 

 

from  林 俊一

 

東京オフィズより

 

普段はあまり見ない相撲だが

この日はちょっとばかり違った。

 

大相撲春場所、新横綱、稀勢の里が

大勢の人を感動の渦に巻き込み優勝した。

 

13日目に初黒星の際、負ったけが。

上腕二頭筋の筋肉の損傷だという。

見立ては全治3カ月。

 

そんな中の強行出場

休む選択は最初からなかった。

 

だが、弱音を吐かずに出場した14日目は完敗。

そこで覚悟を決めたという。

 

迎えた千秋楽

見事に逆転優勝!

 

多くのお客様も・・

稀勢の里の両親も・・・

稀勢の里本人も涙した、

まさに感動の千秋楽だった。

 

負けても何一つ言い訳をせず、

現状をしっかり受け止め・・

自分の望むことに向かい・・

 

自分のできることを精一杯やった結果が

このような快挙を生んだと言える。

 

言うのは簡単・・

言葉にするのも簡単・・

 

でも実際は

言葉に言い尽くせないほどの

本人にしか分からない

苦しさ、辛さ、葛藤・・

いろいろあったに違いない。

 

それでも・・・

やっぱり・・・

 

言い訳をせず、受け止め

自分の望むところに

向かって行く姿は・・・

 

どんな世界の人でも

見習えることだと思うし

見習っていきたいと思うのだ。

 

もちろんそれは仕事も営業も同じ。

 

話を聞いてもらえない・・

今度はうまく行くと思ったのにまた考えておくよ・・

 

なかなか時間が取れない・・

質問するけど話してくれない・・

思うように成果が上がっていかない・・

 

などなど、いろいろあるだろう。

 

でも・・言い訳をするのではなく

まず今の自分の状況をしっかり受け止め、

 

どうしていきたいのか?どうすればいいのか?

考え、実践することで必ず進んで行けるはず。

 

例えば・・今回稀勢の里の場合

→怪我をした、非常に痛い、ヤバイ!左手が使えない

でも出場したい、勝ちたい!優勝したい!

横綱の責任、使命を果たしたい!

じゃあ、そのためにはどうしたらいいか?

テーピングをする。上半身がダメなら下半身で動こう!

気持ちだけぶつかる。左手は捨てる。右で勝負する

覚悟を決める!

 

のような具合だ。

 

もちろんすぐに望む結果にならないことも多いだろう。

大事なことはやり続けること、

実践そして検証し改善を諦めずにやり続けることだろう。

 

自問自答を繰り返し、自分の気持ちに火をつけて

自分で解決に向かっていけるようになれたら・・

 

お客様の持っている、その思いも

欲求も、ニーズも引き出していける!

 

お客様に喜ばれ、感謝される、

そんな質問型営業マンに必ずなれるはずだ。

 

新刊第二弾 絶賛発売中です

質問型営業の新刊!→https://goo.gl/y8tNsj

実践会、体験会、課題解決セミナーはこちら→http://www.s-mbc.jp/category/event/