飛び込み営業から得られるもの


飛び込み営業から得られるもの

 

From:甲田博之

大阪オフィスより

 

アポイントが予定外に早く終わったり、間際にキャンセルなって

次のアポイントまで時間があるときに飛び込み営業をしてみてはどうでしょうか?

 

または電話アポにスランプを感じていたりする時、

「気分転換」に飛び込み営業をしてみてはどうでしょうか?

 

私は以前、米国教育カリキュラムの販売をしていた時

日本総代理店の社長は、一介の営業マンからの叩き上げでした。

 

しかし、その人は三年間飛び込みだけで

毎日契約を上げ続けた伝説の営業マンでした。

(この業界では一週間に2契約上げればトップセールスだった。)

 

スタート時は売れずに大変苦労をされたようです。

乳飲み子を抱えた生活で借金取りからのキツイ取り立て。

家財道具のすべてに差押えのビラを貼られて、粉ミルクも底をつく。

 

「あの日のことは忘れられないよ、腹くくったねぇ。」

と語ってくれました。

 

それからは契約を上げるまでは帰らない。

 

「そう決めてかかると、これが決まるんだよねぇ」

 

それを三年間続けたということです。

 

「君さぁ、一日一本だけど、最低一本だよ。

たまには2本や3本てこともあるんだよ」

 

「それとさぁ、3年間っていやあ日曜や祝日抜いて

と思ってんじゃないの?毎日っていやぁ毎日だよ。

365日だよ。正月も何もねえよ。」

とにっこり笑いました。

 

その笑顔の中に得体のしれぬ迫力を感じました。

 

こんな話をしていた前後に彼は日本の富豪の一人として

週刊誌に掲載されるほど著名人となっていました。

 

最も基本的な手法である飛び込み営業。

しかし、奥深さと大きな恩恵を与えてくれます。

 

飛び込み営業は全域での集中力が養われます。

 

飛び込み営業によって自分自身のアンテナが鋭くなります。

 

飛び込み営業は即座の注意を引くことを要求されます。

 

飛び込み営業は不測の事態の対応力を磨いてくれます。

 

飛び込み営業は人に対する洞察力が高まります。

 

飛び込み営業はアポイントがキャンセルになったとき

時間をロスすることを排除できます。

 

飛び込み営業は、お客様にアプローチする

以前の段階の全てを訓練させてくれ、

無駄なく見込み客を増やせることができます。