効果的なプレゼンテーションの為の要素


効果的なプレゼンテーションの為の要素

 

From:甲田博之

大阪オフィスより

 

効果的なプレゼンテーションの為の要素として、

見込み客の心の中にある先入観を取り除き

話を聞きたいと思わせるコツについて考えてみましょう。

 

いつでも、どんな場合でも、人は先入観に支配されています。

そんな状態の人々にアプローチする為には、

感情的なアピールをすることによって先入観を打ち壊す必要があります。

 

見込み客に関する情報を収集するという重要性。

「経歴、趣味、家族、目標、将来のプラン等」を知るということは

先入観を取り除く方法が見えてくるということです。

 

紹介者がいる場合は、あらかじめ見込み客の

「経歴、趣味、家族、目標、将来のプラン等」を教えてもらう。

この他に、見込み客が就いている職業やその分野の同行や知識を得る。

関連した情報をあらかじめ、注意して探しておきます。

このような情報は効果的なプレゼンテーションに貴重な要素になります。

 

さらに訪問した際、部屋やオフィスには、その人がどんなタイプの

人間なのかを教えてくれるものがたくさんあります。

しっかり観察して、この人はどんなことに関心を持ち、

どんなタイプの人なのかを知ってください。

それを話題の中に取り入れたり反映させたりします。

 

そして、最も重要なのは創造的に聞くということです。

 

質問すること。

感情移入はじっくり相手の話に耳を傾けることによって

行うことが出来ます。

 

見込み客が話をしてくれている時、

セールス成功の最良の情報を示してくれます。

その為には、実際の事実の話だけではなく、

その話の感情的な部分や、その含みにも耳を傾けることが重要です。

ここまで来たらセールス成功の手掛かりを掴んだも同然です。

 

あなたが持っている商品やサービスが

見込み客を助けるものでるあると

確信する場合、「役に立ちたい」という気持ちは

ピークを迎えるでしょう。

 

効果的なプレゼンテーションの準備は整いました。

このプレゼンテーションを通して、提案を採用頂き、

商取引以上の価値のある、あなたとお客様の間で

絆のようなものが生まれるのではないでしょうか。