一つ一つの面会がもたらす価値


一つ一つの面会がもたらす価値

 

From:甲田博之

大阪オフィスより

 

一つ一つの面会にはどんな面会にせよ、

なんらかの価値があります。

 

それを自分の成長の糧となるように、

訪問先で目当ての人と面談して、首尾良く商談成立したら、

そこにはいくつものうまくいったデータがあるでしょう。

 

これは現場で培ったノウハウです。

繰り返し検証することでさらに精度を高めていきましょう。

 

うまく行かなかった場合はどこを改善する必要があるでしょうか?

第一印象は?

オープニングは?

アプローチは?

プレゼンテーションは?

クロージングは?

あらゆるところに改善の余地があるでしょう。

ひとつの面会でひとつ改善点を見つけ、そこを強化する。

そんな風に面会を重ねていくと、どんどん良くなっていきます。

同時に感性も磨かれていきます。

 

さらに有利になる情報はないかとアンテナは鋭くなります。

普通の営業マンが、ここには収穫するものはないと感じるときに

優れた営業マンは、チャンスという鉱脈を敏感に嗅ぎ分けます。

 

一つ一つの面会に正しく向き合うと、

どんどん自分に磨きをかけてくれます。

 

チャンスを引き込む環境をつくっていきましょう。

 

かつてアメリカに、セールスの神様と呼ばれる人がいました。

彼は言いましたセールスの達人になりたければ

一万回断られなさい。そうすればあなたは

全ての反論を処理できる人になっています。

続けて言いました。

世界中で、最も高い収入を得ている職業はセールスマンです。