こんなこと言われたことありませんか?


今、なんて言いましたか?

もう一度言ってもらえますか?

From 鈴木康之 東京オフィスより

suzuki_photo

 

こんなこと言われたことはありませんか?

原因はいろいろあるんですが、

そのうちの1つは口の表現力不足なんです。

口の表現力???

言葉を覚えると言葉に頼り、口は開かず口先だけで伝える方が非常に多いんです。

廻りを観てください。
口先で話している人、口を先に出しすぎてアゴが上がっている人多くないですか?

実際、口先だけでは伝わりに難いんです。

さらにアゴが上がると横柄やだらし無い印象まで与えます。

(印象力調査の結果より)

では、どんな表現力をつけるのか?

ポイントは「あ・い・う・え・お」

日本語は母音と子音からなっていますが、この母音の口の形の変化を明確に

するんです。口の開閉や形にメリハリがつくと、仮に言葉が聞こえなくとも口の形で

相手の視覚から情報が入り伝わりやすくなるんです。

まさに、『しゃべる口から魅せる口へ』

実に単純なことですが、意識すると本当に伝わりやすくなります。

さらに口の表現力が豊かになると落ち着きのある知的な印象を与えます。

(印象力調査の結果より)

 

実際の口の形と練習方法は次回に!

先にお伝えした笑顔の時の口元で歯が見えるのもこの練習で出しやすくなります。