質問型が上達しない原因と解決方法


「質問型営業がなかなか上達しない!」
こんな声を多く聞きます。

kameda_photo

from 亀田 直幹  東京オフィスより

私の担当する体験会のご案内

今日はこの原因と解決方法について。

本を読んで、Podcast聞いて、セミナーまで受けて、それでも変化がないという方、
話を聞いてみると質問型営業の効果や利点はよく理解できています。
しかし、結果が出ない。。。

どうして??

よくよく聞いてみますと、成長するための大きな行動が足りていないこことが多いようです。

その足りていないこととは、、、、

「自分を客観視する体験」

です。

営業のベースはコミュニケーションです。このコミュニケーションは、例えば小学3年製が初めて掛け算9×9を覚えることとは違い、
長年行ってきている習慣の賜物です。いくら頭では理解していても、この習慣を変えるということはそう簡単ではありません。

自分自身を客観視して、相手の立場からみた自分のことを認識しなければ、「意識して」行動を変化させることは困難です。
「わかっている」けど「できない」ということになります。

どうしたら良いか?

それは、理解したら、実際に行動に移してみて、それを動画にとって自分で見てみてみることです。
実際の営業の現場の録画が難しいようであれば、ロールプレイングをして録画してみてください。
いきなり相手をつけて録画するのが気恥ずかしいようでしたら、まずは自分自身で「一人ロープレ」を繰り返し行ってみてください。
ブツブツ一人でロープレすれば良いのです。それで慣れたら、自分を動画をとって客観視してみてください。
自分を客観視するクセがついたら、もうあなたは成長する準備が整ったと言えるでしょう。

体験会でお伝えしています。

東京・大阪のセミナールームにて気軽に体験でき、質問型を実感出来る質問型営業体験会を

定期的に開催しています。

私は東京にて開催していますので、体験会でお会いしましょう!

体験会についての詳細